ゴールデンエイジ

 

子供の成長を考えたとき、「ゴールデンエイジ」という言葉を耳にします。

 

それは小学生の頃の子供たちを指し、いわゆる運動神経がとても成長する時期のことを言います。

 

その神経系は12歳の頃までに大人と同じ、ほぼ100%出来上がってしまいます。

 

つまり、ゴールデンエイジの時期にどれだけ多くの神経回路を作ることが出来るかで、大人になった時の様々な動きに差がでてしまう。

 

「運動神経」や「センス」、「才能」と言われるものは、このゴールデンエイジに作られます。

 

それは、一生に一度の「即座の習得」。

 

才能が無くても「努力で」補えるのは確かです。

 

しかし、より多くの神経回路を持つ者が同じ努力をすれば、その差は広がってしまいます。

 

破天荒塾ではこの神経回路を作っていく動きや、遊びを取り入れた稽古で、このゴールデンエイジ(黄金世代)を有効に育てて行こうと考えています。